iFlash touch

iFlash touchといっても今話題のAdobeのFlashかHTML5かという話ではない。
今回はアプリケーションの紹介。

昔からある単語カードのようなもののをiPhoneやiPod touch上で動かすってやつ。外国語の単語や暗記したいことをカードの裏や表に書いて暗記に努めるといった手合のものです。資格試験の内容をカードの表に質問と裏に解答を書いて記憶チェックするとかそういう使い道のものですね。それ以外の使い道もいろいろ考えられると思う。

以前からMac用のソフトとして”iFlash”というのがありました。
http://www.loopware.com/iflash/
これは文字データだけでなくピクチャアや音声データもカードに取りこめる、
まあ一種のデータベース・アプリだ。

で、そのデータをiPhoneやiPod touchで見ることができる!!
てのがこれ
通勤電車で吊り皮につかまりながら、あるいは散歩しながら覚えるとかできるわけです。
http://www.loopware.com/iflashtouch/
左のiPod touch画面内の動画を見ると分かりやすいです。
カードをフリップ操作で前後したり、表裏したりできるわけです。

Macの本体に”iFlash”のアプリケーションがあると、その機能でファイルのエクスポートとして”iPod touch(iPhone)”へデータを飛ばすことができます。しかも、”iFlash touch”というiPod touch用アプリはiTunesから取り込むのだが、その後のデータ移動はiTunesを介在しないでwi-fi上でiPhoneを見つけて直接データを転送します。ちょと驚いた。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.